2009年06月23日

中国人民解放軍の招へい

金融津波の影響を受けて、今年で卒業する中国の大学生は今まで45%の人だけ仕事を見つかった。就業の圧力を緩和するために、中国人民解放軍は慣例を破って、徴兵時期を繰り上げて、先月から大学生に対する徴兵を行い、今年12万人の大学卒業生を招集する予定だ。
年々厳しくなる大学生新卒の就業圧力を緩和するために、中国人民解放軍は以前冬季に征兵活動を行っていたが、去年で爆発した金融危機の打撃によって、多くの企業は採用が取り消して、今年の労働市場は楽観ではない。中国全国、今年610万人の大学新卒業生がある。その上、去年卒業して就業ができなかった卒業生100万人を加えると、少なくとも710万人の大学生が今年仕事を探している。先月の末まで、大学生の就業率はわずか45%だけで、390.5万人の大学生は依然として仕事を見つかってない。失業率が高まると社会の不安要素になるので、中国政府は一番恐れている問題だ。そして、今年は就職チャンスを拡大するために、いつもの慣例を破って繰り上げて先月から徴兵の活動が始まっていた。今年から、中国軍側は大学新卒業に対して予定徴兵制度を実施して、5月~6月の早い期間に大学生を召集して入隊する。初歩的な推定によると、今年12万人の大学新卒業を召集する。
軍事近代化、知識化にするために、近年中国人民解放軍は将校・士官の昇格には学歴を重視されて、来年まで、全軍に大学あるいはそれ以上の学位の将校・士官が総人数の80%以上に達すると計画している。また中、高級な士官もそれぞれ相応の専門技能や資格を獲得しなければならないと定めた。現在、軍団級以上の将校・士官は短大以上の学歴を持つ人は95%を占めて、全軍では短大以上の学歴を持つ将校・士官が85%を上回った。空軍の技師はすべて学位を持って、海軍の艦長はすべて専門学院から卒業して、戦略弾道ミサイル部隊の技術将校・士官もほとんど学士あるいは修士の学位を持っている。






Posted by datura  at 19:12 │Comments(0)

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。